スペイン、ポルトガルとUNL初戦で対戦…電光石火のカウンターから先制も追い付かれてドロー

2022-06-07

[6.2 UNLリーグAグループ2第1節 スペイン 1-1 ポルトガル]

UEFAネーションズリーグは2日、リーグAグループ2第1節を行い、スペイン代表とポルトガル代表が対戦し、1-1で引き分けた。第2節は5日に開催され、スペインはトルコ、ポルトガルはスイスと対戦する。

カタールW杯で日本と同組に入るスペインは4-3-3を採用。GKにウナイ・シモン、最終ラインは右からDFセサル・アスピリクエタ、DFディエゴ・ジョレンテ、DFパウ・トーレス、DFジョルディ・アルバ、アンカーにMFセルヒオ・ブスケツを配置し、インサイドハーフは右にMFカルロス・ソレール、左にMFガビ、3トップには右からFWフェラン・トーレス、FWアルバロ・モラタ、FWパブロ・サラビアが並んだ。

一方のポルトガルはFWクリスティアーノ・ロナウドはベンチスタート。スタメンにはMFベルナルド・シウバ、MFブルーノ・フェルナンデス、DFペペ、DFジョアン・カンセロらが名を連ねた。

試合が動いたのは前半25分だった。スペインがカウンターを発動させ、自陣でルーズボールを拾ったガビが敵陣へと持ち運ぶ。スルーパスから右サイドを駆け上がったサラビアがダイレクトで中央に送ると、走り込んだモラタが落ち着いて流し込んでスコアを1-0とした。

1-0のまま後半を迎えると、1点のビハインドを背負うポルトガルは同17分にC・ロナウド、FWゴンサロ・ゲデスを投入して状況を打開しようと試みる。すると、同37分、ゲデスとのパス交換でカンセロが右サイドを駆け上がると、グラウンダーのクロスをリカルド・オルタが蹴り込んで試合を振り出しに戻す。

その後、両チームにゴールは生まれずに1-1のドローに終わった。

C・ロナウド不在のはずの誕生日パーティーに5人の“CR7”が現る? 家族総出の創意工夫に「なんて素敵なファミリー」

2022-06-07

マンチェスター・ユナイテッドに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが双子の子供たちの誕生日を祝った。

C・ロナウドのもとには2010年に母親が明かされていないもののロナウド・ジュニアくんが誕生。2017年にも代理の母を通じて双子のエヴァちゃんとマテオくんが生まれた。

そして、2016年からジョルジーナ・ロドリゲスさんと交際をスタートさせると、2017年11月には次女のアラナちゃんが生まれ、今年4月にもベラ・エスメラルダと名付けられた女の子が誕生している。

5人の子供たちと一緒に暮らしているC・ロナウドだが、今はポルトガル代表の一員としてUEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23に参加しており家を不在に。そんな中、5日に双子のエヴァちゃんとマテオくんが5歳の誕生日を迎えた。

盛大な誕生日パーティーを開いたC・ロナウド一家だったが、不在の父と一緒に祝おうと、ある工夫を施した。部屋には背番号「7」をつけ、両手を広げて着地したようなポーズを取る大きなパネルが。4人の子供たちがパネルの前に並ぶと、父親の代名詞でもある「Siuu」のゴールパフォーマンスを披露していた。

この仕掛けや家族の微笑ましい様子には、ファンも「なんて素敵なファミリー」、「Siuuu」、「愛に溢れてる」といった反応を寄せている。

また、C・ロナウドも自身のインスタグラムを更新。「ハッピーバースデイマイラブ!これからも素敵な笑顔でハッピーに過ごしてね。みんな大好き」とカジュアルに子供たちに祝福の言葉を贈っている。

ポルトガルの重鎮DFブルーノ・アウベスが現役引退を発表、C・ロナウドも反応「ロッカーを共にできて幸せでした」

2022-06-07

アポロン・スミルニに所属する元ポルトガル代表DFブルーノ・アウベス(40)が現役引退を発表した。

ブルーノ・アウベスはポルトガル代表通算96キャップを誇る百戦錬磨のセンターバック。

キャリアを通じて、さまざまなクラブを渡り歩いてきた。 キャリアの最後はギリシャ・スーパーリーグのアポロン・スミルニ。今シーズンはプレーオフを含めて19試合に出場していた。

そのブルーノ・アウベスは6日に自身のインスタグラムを更新。キャリアの終了を伝えた。

「今日、僕はサッカー選手としてのキャリアに全て感謝していることを伝えたいと思う」

「全てのクラブの監督、チームメイト、コーチ陣、そしてキャリアに関わった人々、家族や友人にも感謝している」

「旅はこれで終わるが、他の機会が訪れれば、またすぐに会えるだろう。ありがとう」

ポルトでプロキャリアをスタートさせたブルーノ・アウベスは、ファレンセやヴィトーリア・ギマランイス、AEKアテネへのレンタル移籍を経験。2010年8月にゼニトへと完全移籍する。

その後は、フェネルバフチェ、カリアリ、レンジャーズ、パルマ、ファマリカンとクラブを転々とすると、2021年9月からアポロン・スミルニでプレーしていた。

キャリアを通じては、ポルトで公式戦172試合に出場し17ゴール11アシスト、フェネルバフチェで101試合4ゴール3アシスト、ゼニトで100試合3ゴール1アシストを記録していた。

ポルトでは4度のリーグ制覇、2度のカップ制覇を経験。2008-09シーズンはクラブの年間最優秀選手にも選出された。

また、ゼニトではロシア・プレミアリーグで2度優勝。フェネルバフチェでもスュペル・リグを制していた。 ポルトガル代表としても2016年のユーロを制しており、ポルトガルの重鎮として知られていた。

この引退発表には、ポルトガル代表でも共にプレーしたFWクリスティアーノ・ロナウドが反応。「ロッカールームを共有できて幸せでした。あなたが成し遂げたことを誇りに思います」と大先輩への賛辞を送っていた。

ポルトガル、C・ロナウドが3ゴールに絡む活躍! スイスは大敗を喫して開幕連敗スタート

2022-06-07

UEFAネーションズリーグが5日に行われ、リーグA・グループ2第2節でポルトガル代表とスイス代表が対戦した。

リーグA・グループ2開幕節スペイン代表戦で試合終盤に追いつき、勝ち点1を手にしたポルトガル代表。スターティングメンバーは前節から4選手を入れ替え、MFウィリアム・カルヴァーリョ、FWクリスティアーノ・ロナウド、FWディオゴ・ジョッタらのタレントが顔を揃えた。

一方、開幕節チェコ代表戦では惜しくも1-2で敗北を喫したスイス代表。絶対的守護神ヤン・ゾマーに変わって、GKグレゴール・コベルを起用。また、前節は途中出場だったMFジェルダン・シャキリがスターティングメンバーに名を連ねた。

最初にチャンスを迎えたのはスイス代表。5分、コーナーキックのチャンスを得ると、シャキリのインスイングのボールにDFファビアン・シェアが競り合う。相手選手にブロックされたものの、こぼれ球にFWハリス・セフェロヴィッチがいち早く反応し、ゴールネットを揺らした。しかし、VARが介入し、相手選手との競り合いの中でファビアン・シェアのハンドを取られ、ノーゴールの判定に変わった。

すると14分、今度はポルトガル代表がフリーキックからゴールネットを揺らす。キッカーのC・ロナウドが放ったボールは相手GKに弾かれたが、こぼれ球をカルヴァーリョが押し込んで、ポルトガル代表が先制に成功した。

さらに34分、MFブルーノ・フェルナンデスがゴール前へパスを繋ぐと、ジョッタがボールをキープし、後ろから走り込んできたC・ロナウドが追加点を挙げる。

続く38分、左サイド奥深くまで侵入したDFヌーノ・メンデスが、ジョッタへ折り返す。ジョッタのシュートは相手GKのセーブに遭ったが、こぼれ球をC・ロナウドが押し込んで、リードを3点差に広げた。

3-0で折り返した後半も、ポルトガル代表の勢いが止まらない。50分、B・フェルナンデスがワン・ツーで抜け出すと、アウトサイドで逆サイドを駆け上がってきたFWオタビオへ展開。オタビオがダイレクトで中央に折り返し、走り込んできたC・ロナウドが決める。しかし、直前のプレーがオフサイドの判定となり、幻のハットトリックとなった。

攻撃の手を緩めないポルトガル代表は67分、マンチェスター・Cコンビが躍動する。DFジョアン・カンセロが持ち運び、MFベルナルド・シウヴァへ預ける。B・シウヴァが巧みにボールキープをしてタメを作ると、相手DFの背後を取ったカンセロへ糸を引くようなスルーパスを供給。カンセロがGKを交わし、無人のゴールへボールを流し込んで、ダメ押しとなる4点目を決めた。

試合はこのまま4-0で終了。C・ロナウドが3ゴールに絡む活躍を見せ、ポルトガル代表がグループ2初勝利。一方、スイス代表は4失点を喫して、開幕連敗スタートとなった。

次戦は9日に行われ、ポルトガル代表はチェコ代表と、スイス代表はスペイン代表と対戦する。

 

復権目指すマンU、来夏レアルと契約満了のスペイン代表MFに注目か

2022-06-07

マンチェスター・ユナイテッドが、レアル・マドリードに所属するスペイン代表MFマルコ・アセンシオ(26)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『Fichajes』が伝えた。

成績不振により、オーレ・グンナー・スールシャール監督を解任したユナイテッドだが、ラルフ・ラングニック暫定監督も立て直すことができず、UEFAチャンピオンズリーグ圏外の6位フィニッシュ。捲土重来を目指す来季に向けてアヤックスのエリック・テン・ハグ監督を招へいすることが決まっており、大型補強を行う可能性が取り沙汰されている。

その一方で、強烈かつ正確な左足のキックを武器に今季のラ・リーガ31試合に出場して10ゴールを記録したアセンシオだが、マドリードとの現行契約は2023年夏まで。絶対的な主力になりきれていないことから今夏に売却される可能性があり、U-21スウェーデン代表FWアンソニー・エランガとポジションを争える選手としてアセンシオに関心を示しているようだ。

また、スペイン代表MFには今季のセリエAを制したミランも攻撃強化の一手として注目しているとのこと。今季2冠を達成したマドリードも契約延長オファーを用意していると報じられているが、アセンシオはどのような決断を下すのだろうか。

 

スペイン代表・17歳ガビが最年少弾 左足でゴール左隅撃ち抜いた!

2022-06-07

欧州ネーションズリーグは1次リーグ第2戦が5日に行われ、リーグAの2組でスペインは敵地でチェコと2―2で引き分けた。0―1の前半終了間際にMFガビが17歳304日で同国代表最年少得点を決めた。

W杯1次リーグで日本と同組のスペインは、急成長のガビが代表初ゴールを決めた。前半アディショナルタイムにゴール右前でパスを受け、左足でゴール左隅を狙い打った。出場8戦目の一撃はバルセロナの同僚アンス・ファティが持っていた最年少記録を7日更新。昨年10月に17歳62日で記録した最年少出場に続き、スペイン代表の歴史に名前を刻んだ。

ルイスエンリケ監督はガビに関し「シュートを放つか、エリアに入るか、信念がある」と話し、さらなる成長に期待。2戦連続引き分けで計3失点を記録した中で、17歳の活躍は明るい材料になった。

 

スペインがチェコと2―2でドロー ライン裏狙われ2失点、守備面で不安定なプレー目立つ

2022-06-07

カタールW杯1次リーグ第3戦で日本代表と対戦するスペイン代表は、欧州ネーションズリーグ第2節でチェコ代表と対戦し、2―2で引き分けた。

引き分けに終わった前節ポルトガル戦から中2日、ルイス・エンリケ監督はMFブスケツ、FWモラタらの主力をベンチに置きMFロドリ、FWラウル・デ・トマスらを起用するなど、8人を変えてチェコ戦に挑んだ。  開始早々に最終ライン裏へパスを通されFWペセクにゴールを許すなど、スペインは守備面で不安定なプレーが目立った。チェコの狙いはスペインの高い最終ラインの裏。ルイス・エンリケ監督が「裏へのパス、2列目からの飛び込みに苦しめられた」と認めたように、簡単に後方のスペースへパスを通され好機を作られた。

後半9分にDFエリックガルシアの裏にロングボールを通され、同18分にもGKウナイシモンが飛び出してクリアするなどピンチは同じ形から。2失点目も裏に抜けられGKとの1対1を決められた。

終了間際になんとか追いついたものの、裏へのボールへの対応のまずさを指摘されたDFイニゴ・マルティネスは「それについてはしっかり反省すべき」と、得点にも顔色はさえなかった。試合を通してボールは握るもののライン裏という弱みが露呈したスペイン。2試合を終え勝ち点2と、次節スイス戦では勝利が求められる。

スペイン代表期待の星!バルセロナの17歳MFが達成した新記録とは?

2022-06-07

UEFAネーションズリーグ・リーグAグループステージB組第2節のチェコ代表対スペイン代表戦が現地時間5日に行われ、2-2で引き分けた。スペイン代表のMFガビはこの試合で、同国歴代最年少ゴール記録を達成している。

ネーションズリーグ初戦でポルトガル代表とドローに終わり白星発進を逃していたスペインは、この試合でも開始直後に先制ゴールを奪われる苦しい展開。だが前半アディショナルタイムにはロドリからのパスをエリア右で受けたガビが守備陣の間を通す絶妙なシュートをゴール左隅へ流し込んで同点とした。

ガビはこれがスペイン代表での初ゴール。「17歳304日」での得点は、バルセロナのチームメートであるFWアンス・ファティが2020年に達成していた「17歳311日」を1週間の差で上回り、スペイン代表の歴代最年少ゴール記録となった。

ガビは17歳になったばかりだった昨年夏にバルセロナでトップチームにデビューし、そのまま主力として活躍。10月には早くもスペイン代表デビューを飾り、「17歳62日」でのデビューもスペイン代表の歴代最年少記録となっていた。

デビュー以来スペイン代表にも完全に定着しており、8試合連続で出場中。日本代表とも対戦が予定されるカタールワールドカップでも注目選手の一人となりそうだ。

日本代表がW杯で警戒すべき男は17歳 スペイン代表史上最年少得点を記録したバルサの逸材

2022-06-06

スペイン代表はUEFAネーションズリーグでチェコ代表と対戦。2度のビハインドを追いつき2-2のドローで決着している。この試合でゴールを決めたガビは、スペイン代表史上最年少得点を記録して存在感を発揮した。

開始4分に先制点を決められる苦しい展開となったスペインだったが、前半アディショナルタイムに17歳が同国を救う。クロスボールのこぼれ球をペナルティエリア中央で拾ったロドリから、右のガビへパスを通す。ガビの狙い澄ました左足でのゴールが決まって前半のうちにスペインが同点に追いついた。

17歳304日でスペイン代表初ゴールを決めたガビ。これは同国の史上最年少ゴールとなり、2020年9月に記録したアンス・ファティを上回ることとなった。17歳とは思えない落ち着きと技術の高さを見せつけたガビは、すでにバルセロナだけでなくスペイン代表でも中心選手の1人となっているのだ。

英『Mirror』によるとリヴァプールが獲得を検討していたものの、巨額な売却額を支払うことはできないため撤退したと報道。ガビは来季もバルセロナの主軸として活躍が期待される。リーガでの成長を続ける若き逸材は、すでにスペイン代表でも、その才能を遺憾なく発揮している。日本代表がFIFAワールドカップで警戒すべき男は、この17歳かもしれない。

ポーランドが初戦で逆転勝利…ウェールズはウクライナとの大一番に不安 | UEFAネーションズリーグ

2022-06-06

UEFAネーションズリーグ、リーグAグループA4第1節が1日に行われ、ポーランド代表とウェールズ代表が対戦した。

前半はポーランドがボールを支配しながら、決定機を得るには至らず。スコアレスで後半へと折り返す。試合が動いたのは52分。ウェールズMFジョナサン・ウィリアムスが右足で見事なミドルシュートをゴール左隅に沈め、先制点を奪う。

なかなか枠内にシュートを飛ばせていなかったポーランドだが、72分に同点に。左サイドからの折り返しを受けたカミンスキがDFを外してから素早く右足を振り抜く。これがゴール右隅に吸い込まれ、同点ゴールを挙げた。さらに85分、カミンスキが左サイドを突破して中央のロベルト・レヴァンドフスキへ。シュートはDFにブロックされるも、こぼれ球をカロル・シュヴィデルスキがループで押し込み、ポーランドが逆転に成功した。

そのままポーランドが2-1と逆転勝利。なお、ウェールズは5日にカタール・ワールドカップ出場を懸けてウクライナと対戦する。この大一番を前に不安を残した。