リーガ・エスパニョーラ最終節:レアル・マドリードが優勝

 

2022-05-23

北京時間5月23日、2021-2022シーズンのリーガ・エスパニョーラのフィナーレが完全に演じられた。 その後、リーガ・エスパニョーラのシーズンはこうしてグランドフィナーレを迎えた。

リーガ・エスパニョーラ王者:レアル・マドリード(チーム史上35個目のタイトル)

今シーズンのリーガ・エスパニョーラは、プレミアリーグやセリエAとは異なり、サバゲーがなく、序盤でタイトルを逃した。 第34節、レアル・マドリードはエスパニョールをホームに迎え、ギャラクティコスはいつものように素晴らしい試合を展開し、相手に4-0で勝利した。 この勝利で、レアル・マドリードは4戦早くリーガ・エスパニョーラのタイトルを獲得した。 また、ギャラクティコスがリーガ・エスパニョーラで優勝するのは史上35度目であり、再びリーガ・エスパニョーラ優勝回数の新記録を樹立した。 アンチェロッティは、史上初めて5つのリーグをすべて制覇した監督となった。

今シーズンのレアル・マドリードは、第3節で首位に立って以来、そのリードは挑戦されていない。 レアル・マドリードにとって最大の優勝候補であるバルサは、歴代得点王のリオネル・メッシを失ったことにより、後半戦は好調だったものの、レアル・マドリードのタイトル位置を脅かすには至らなかった。 統計によると、第34節でエスパニョールに4点差をつけて勝利したレアル・マドリードは勝ち点81に達し、1試合少ない状態で4戦先勝したバルサに18点差をつけてリーガのタイトルを獲得した。

チャンピオンズリーグ出場権:バルセロナ、アトレティコ・マドリード、セビージャ

今シーズン、リーガを代表してチャンピオンズリーグに出場したレアル・マドリード、バルセロナ、アトレティコ・マドリード、セビージャの4チームは、これで再び本大会への出場権を獲得したことになる。 ただ一つ違うのは、アトレティコ・マドリードに代わって、レアル・マドリードがついに今シーズンのリーガ・エスパニョーラのチャンピオンになったということだ。 バルサはレアル・マドリードにとって最大のライバルとなるはずだったが、リオネル・メッシの離脱と財政問題に苦しみ、シャビの加入と冬のウィンドウでの補強により、準優勝に終わった。

ディフェンディングチャンピオンのアトレティコ・マドリードは、特に後ろが悲惨なシーズンで、38戦で42失点して全てを説明しています。 レアル・マドリードが独走していた頃のセビージャは、かつてはレアル・マドリードの優勝争いのライバルの1つだったが、攻撃の凡庸さに阻まれ、復活を果たせなかったと言わざるを得ない。

UEFAカップ出場権:レアル・ベティス、レアル・ソシエダ

昨シーズン同様、今シーズンもUEFAカップの出場権を獲得したのはレアル・ベティスとレアル・ソシエダの2チームに分かれたままだ。

ヨーロッパリーグ出場権獲得:ビジャレアル

実は、チャンピオンズリーグとUEFAカップの出場権問題は、閉幕戦が行われるずっと前に決着していた。 最終戦では、ビジャレアルとアスレティック・ビルバオが勝ち点1差でUEFAカップ出場権を競い合った。 フィナーレでは、ビジャレアルはセビージャに0-1で敗れ、アウェーでバルセロナに2-0で勝利し、UEFAカップへの出場権を獲得した。

降格チーム:アラベス、レバンテ、グラナダ

アラベスとレバンテは今シーズン非常に調子が悪く、この2チームが早い段階で降格圏内の2チームを固めたため、降格は非常に厳しくなっている。 最終戦を前に、カディスが勝ち点36、マジョルカが勝ち点36、グラナダが勝ち点37となり、3チームとも降格の危機を迎えていた。 結局、カディスはすでに降格が決まっていたアラベスにアウェーで1点差で勝ち、マジョルカはオサスナを下し、グラナダはエスパニョールとの引き分けにとどまり、1点差でリーガ降格となった。

昇格チーム:未発表

セグンダ・ディビシオンは、フバルとアルメリアがともに勝ち点80で1、2位を占めており、まだ昇格圏は決まっていないが、現在勝ち点78で3位のバジャドリードもリーガ昇格の候補に挙がっている。 今月30日にはリーガ・エスパニョーラ第2節の最終戦が行われ、昇格するのは誰か?

ゴールデンブーツ: ベンゼマ (27ゴール)

今シーズンのレアル・マドリードは、ベンゼマの活躍でリーガ・エスパニョーラのタイトルを4戦早く決め、チャンピオンズリーグでも決勝に進出するなど、絶好調である。 このフランス人ストライカーは、今シーズンのリーガ・エスパニョーラで、33試合に出場してキャリアハイの27ゴールを決めており、これは彼のキャリアにおける1シーズンの最多得点であり、したがってリーガ・エスパニョーラのゴールデンブーツは確定的である。 特筆すべきは、2016-2017シーズンから5年連続でリーガ・エスパニョーラのゴールデンブーツを獲得したメッシだが、アルゼンチンのスターがリーグアンに移籍したことで、ベンゼマがついに「メッシ王」の独壇場となったことだ。

キング・オブ・アシスト:デンベレ

今シーズンのリーガアシストリーダーはデンベレで、バルサのスターは13アシストを記録し、ベンゼマが12で2位、ヴィニシウス、アルバ、ムニアインが10で3位タイにつけています。